最新情報

【2023年度

★第23回熊本県早春ペタンク大会を開催しました。(3月17日)

 時間1mm程度の雨が降る天気予報でしたので、雨天時トーナメント表も準備しての大会となりました。試合進行も雨天中断を見越して予選リーグは9点制(30分+1メーヌ)で行いました。雨がやまなければ決勝トーナメントをやめることも考えましたが、霧雨のようになってきましたので決勝トーナメントは、11点制(45分+1メーヌ)で実施しました。雨天でも緩まないグラウンドだったことが幸いでした。決勝戦は、予選2位通過でカドラージュから勝ち上がってきたトレビアン竹田と予選1位で勝ち上がってきたクラブなごみAとの対戦となりました。第7メーヌまでは5-7と2点リードされていたトレビアン竹田が第8メーヌから3メーヌ続けて得点し11-7で勝利しました。竹田勢は12月の国体メモリアル大会、2月のダブルス大会に続いて3連勝しました。

 

優勝したトレビアン竹田

準優勝のクラブなごみA

3位の穂積

3位の南阿蘇B

5位の青空

5位の諏訪A(1名不在でした)

5位のクラブなごみC

5位の佐賀勧興A

3位グループ交流戦優勝の島原球心A

3位グループ交流戦準優勝の島原三会

4位グループ交流戦優勝のふれあい

4位グループ交流戦準優勝のどんたく

 

 

 

 

★第28回JPBFカップ九州ブロックペタンク大会要項を「大会案内」掲載しました。

 5月19日(日)福岡県大野城市「まどかパーク多目的グラウンド」で開催されます。大会前日の午後からティール大会も開催されます。宿泊施設は大会会場の隣に1泊2,900円(食事代別)で泊まれる宿泊施設がありますので、ティール大会にもご参加ください。

 

★2024年度の会員登録をお願いいたします。(3月13日)

 例年より手続き開始が遅れましたが、2024年度の会員登録書類をお送りしますので、4月17日までに登録手続きを済ませてください。

 

 

★令和6年度沖縄県春季交流ペタンク大会要項を大会案内に掲載しました。

 令和6年4月20日(土)に奥武山公園補助競技場で開催されます。申込締切は、4月10日です。

 

★第10回豊の国ペタンク交流大会要項を大会案内に掲載しました。

 令和6年4月20日(土)に上毛町大池公園多目的運動広場で開催されます。申込締切は、4月1日(月)必着となっています。

 

★熊本ねんりんピック2024 ペタンク大会が開催されます。

 2024年大会は、熊本県民総合運動公園の会場確保が難しいため競技団体が希望する会場で開催できるようになりました。ペタンク競技は、4月21日(日)に和水町多目的広場で開催します。

  参加申込期限:令和6年3月8日(金)

  参加申込先:熊本さわやか長寿財団

  参加費:一人1,000円

 

★第12回熊本県ダブルス大会を開催しました。(2月18日)

 参加71チームの半分以上が県外からの参加で、九州圏外から全国のトップレベルのチームが10チーム参加してくれました。一週間前の天気予報では大会当日は大雨の予報でしたが、お天道様に願いが届いたのでしょうか、半袖でもいいくらいの快晴になりました。予選1位、2位グループによる決勝トーナメントでは、県外の強豪チームが順当に勝ち上がり熊本県勢はベスト8に2チームしか残れませんでした。昨年度優勝のメビウスは、準決勝戦で堅田さんのチームに敗れ大会2連覇の夢は破れました。決勝戦は、大分県のトレビアン竹田と京都府のBONNOUとの戦いとなりました。BONNOUが1,2メーヌと連取し、このまま突っ走るかと思われましたが、煩悩にまみれたのでしょうか、第3メーヌで2点獲得したトレビアン竹田がその後メーヌを連取して11-3で圧勝しました。同じ会場で行われた12月の大会でも竹田チームが優勝していますので、このグラウンドにフィットしているのかもしれません。

 

優勝したトレビアン竹田

準優勝のBONNOU

3位のメビウス

3位の愛Love熊

5位のユッコとミッチー

5位のビアン竹田

5位の和仁D

5位のHEROES

3位グループ交流戦優勝のURPH

3位グループ交流準優勝のビブロン博多

4位グループ交流戦優勝の島原三会C

4位グループ交流戦準優勝の島原三会A

大会模様動画①

大会模様動画②

決勝戦動画①

決勝戦動画②

 

 

 

 

 

★第29回ジャパンオープン大会要項が日本ペタンク・ブール連盟のホームページに掲載されました。(1月25日)

    開催日時:令和6年5月3日~5日
    開催場所:埼玉県熊谷市「妻沼運動公園」
    申込締切:令和6年4月15日

 

★令和6年1月~3月の主催大会予定(12月22日)

 2月18日(日)第12回熊本県ダブルスペタンク大会(和水町)         3月17日(日)第23回熊本県早春ペタンク大会(和水町)

            ※玉名市横島グラウンドの机等の借用が困難なため会場を変更します。

 1月21日(日)に計画していましたポワンテ・ティール大会は、ティール競技の方法を検討するため中止とします。

 

 

★ダブルス大会(熊本県・大分県)の要項を「大会案内」に掲示しました。                       (12月14日)

 令和6年2月17日(土)に大分県竹田市総合運動公園、翌18日(日)に熊本県和水町多目的広場でダブルス大会が開催されます。詳しいことは、大会案内をご覧ください。

 

★第24回国体メモリアルペタンク大会結果

 12月10日に和水町多目的広場で26チームが参加して開催しました。優勝したビアン竹田を予選リーグで11-9破り、予選リーグ3戦全勝のホヅミーズ(大野城市)旋風が吹き荒れるかと思いましたが、決勝トーナメント準々決勝戦で最近好成績の強豪HEROESに敗れました。決勝戦は、竹田市のビアン竹田と熊本市の熊本一新との戦いとなりましたが、準決勝戦で強豪のHEROESを破ったビアン竹田が優勝しました。昨年度の大会もブラボー竹田が優勝していますので、この大会は竹田勢に相性がいいのかもしれません。

 

優勝したビアン竹田

準優勝の熊本一新

3位のスマイル

3位のHEROES(田中選手が消えました)

5位の博多寿

5位のホヅミーズ

5位のクラブなごみB

5位の和仁C

3位グループ交流戦優勝の青空

3位グループ交流戦準優勝の和仁A

4位グループ交流戦優勝の島原球心A

4位グループ交流戦準優勝の下立願寺B

 

 

 

★九州ブロックベテラン大会、ティール大会結果報告

 11月25日、26日に和水町多目的広場で九州ブロックティール大会と第11回九州ブロックベテラン大会が開催されました。ティール大会には、3県12名、ベテラン大会には、5県35チームの参加がありました。ティール大会決勝戦は、熊本の竹下選手と大分の石井選手の熱戦が展開されアトリエ4が終了した時点で19-19の同点でしたが、最後のアトリエ5で竹下選手が3ポイントを獲得し22-19で勝利しました。翌日のベテラン大会では、決勝戦でHEROESとクラブなごみAが対戦し終盤クラブなごみAが追い上げましたがHEROESが11-10で逃げ切りました。4年ぶりに登場した西口チームは昔取った杵柄で順調に勝ち上がり見事3位入賞を果たしました。

【ティール大会】

優勝した竹下選手

準優勝の石井選手

3位の神原選手

4位の森選手

【ベテランペタンク大会】

 

優勝したHEROES

穴見選手のナイス投球動画はこちらから

準優勝のクラブなごみA

3位の西口

3位のクラブなごみC

5位の喜々津ペタンククラブ

5位の南阿蘇D

5位の上毛町D

5位和仁A

予選3位グループ交流戦優勝の諏訪B

予選3位グループ交流戦準優勝の下津田

予選4位グループ交流戦優勝の青空

予選4位グループ交流戦準優勝の南阿蘇C

 

 

 

★日本選手権大会でHEROES惜しくも5位(11月19日)

初出場の女子南阿蘇チームは雰囲気にのまれて予選4位で敗退しましたが、男子のHEROESは予選2位で通過し、決勝トーナメントでは、1回戦、2回戦と順調に勝ち上がりベスト4をかけた試合に臨みましたが、優勝した愛知県Bチームに12-13で痛恨の逆転負けを喫しました。残念ですが、熊本県代表チームは久々の入賞を飾りました。

準々決勝戦のスコアカード

 

 

 

 

★第4回大分県シングルペタンク大会の要項を「大会案内」に掲載しました。                         (10月30日)

12月9日(土)大分県竹田市総合運動公園で開催されます。申込締切は、11月27日(月)必着となっています。



★第12回ねんりんメモリアルペタンク大会を開催しました。

10月22日(日)、和水町多目的広場で開催しました。参加チーム数は30チームと昨年より10チーム少なくなりました。決勝トーナメントでは、1回戦でクラブなごみBとクラブなごみCの同士討ちとなり僅か3メーヌで10-0とクラブなごみBがリーチをかけましたが、それからクラブなごみCの猛反撃が始まり5メーヌ連続で得点し11-10でクラブなごみCが大逆転勝利を収めました。その勢いで決勝戦に進出し13-1の圧勝でクラブなごみCが見事優勝いたしました。

優勝したクラブなごみC

準優勝のクラブなごみA

3位の和仁A

3位の和仁B

5位の南阿蘇A

5位のクラブなごみD

5位の和仁C

5位の喜々津ペタンククラブA

予選3位グループ交流戦優勝のみなと

予選3位グループ交流戦準優勝の島原球心C

予選4位グループ交流戦優勝の熊本一新

予選4位グループ交流戦準優勝の中十町QA

 

 

 

 

★第11回日本ティール選手権大会要項を「大会案内」に掲示しました。                        (10月13日)

12月3日に兵庫県宝塚市で開催されます。申込締切は11月17日(金)です。


★第23回西日本ペタンク選手権大会で和水町チームが見事3位入賞!

 10月7日~8日島根県出雲市に西日本各地から24チームが集結し、第23回西日本ペタンク選手権大会が開催されました。九州ブロックからは熊本県1チームだけの参加でした。予選リーグは1ブロック6チームで戦い、3位までが決勝トーナメントに進出。熊本県チームは3勝2敗の成績で予選を2位で通過しました。決勝トーナメントでは、予選3位通過の大阪府チームを3-0とシャットアウトで勝利。準々決勝戦ではブロック1位通過の岡山市Cを2-1で撃破。準決勝戦で島根県Cチームに1-2で惜敗し惜しくも3位となりましたが、熊本県チームの過去最高の成績を収めました。数年後は九州ブロックで開催との声も聴かれます。

 

 

★2023大分県ペタンク交流大会要項を「大会案内」に掲載しました。                           (9月24日)

11月4日(土)大分市「南大分スポーツパークグラウンド」で開催されます。申込締切日は10月23日必着となっています。

 

★第7回くまもと障がい者ペタンク大会が開催されました。(9月22日)

 熊本県民総合運動公園スポーツ広場に熊本県下12郡市から42チームが参加して開催されました。今大会から障がいがある方だけではなく、家族の方や施設の職員の方も同じチームで参加できるようになりました。とても素晴らしい企画だと思います。天候は曇ったり晴れたりと不安定で大会終了間際になって雨になり閉会式が取りやめとなりました。九州大会へとこの大会が発展していくことを願っています。

 

 

 

★下記の大会要項を「大会案内」に掲示しました。(9月20日)

第12回ねんりんピックメモリアルペタンク大会(10月22日)

第11回九州ブロックベテランペタンク大会(11月26日)

九州ブロックティール大会(11月25日)



★第34回熊本県ペタンク選手権大会を開催しました。(9月17日)

 9月17日、和水町多目的広場で開催しました。朝から天気が良く蒸し暑い気候でしたが、試合開始15分過ぎ頃に突然空が曇り雨が降り始めゲームを中断して退避しました。30分後に漸く雨が上がりゲームを再開し予定通り全日程を消化することができました。水はけのよいグラウンドでしたので、午後からの試合は状態のいい場所にコートを作り直して試合を行いました。決勝戦は、クラブなごみBとビアン竹田の試合となりましたが、第7メーヌまでで8-3と大きくリードしたクラブなごみBが安定した試合運びで11-3で勝利しました。コロナ前は50チーム近い参加があった大会ですが、半分以下の参加数で寂しくなりました。10月22日のねんりんメモリアル大会には多くのチームが参加してくれることを期待します。

突然の雨で一時中断しました。

雨上がり直後のゲーム。ボールが走らなくなり苦労していました。

決勝戦の模様です。コートを張り替えてテランの状態も良くなりました。

優勝したクラブなごみB

準優勝のビアン竹田。勝利の美酒とはなりませんでした。

3位の一新ペタンク

3位の和仁B。準決勝戦で優勝したクラブなごみBに惜敗しました。

5位のHEROES。日本選手権大会頑張ってくださいよ。

5位の下津田

5位のクラブなごみA

5位の和仁A

予選3位グループ交流戦優勝の青空

予選3位グループ交流戦準優勝の佐賀勧興B

予選4位グループ交流戦優勝のクラブなごみC。ねんりんピックえひめ頑張ってくださいよ!

予選4位グループ交流戦準優勝のふれあいB。狙い通りですか?

 

 

 

 

★ペタンク競技規則講習会を開催しました。(8月27日)

 和水町三加和公民館で開催し、福岡県からバイクで参加されたUさんを含め38名の参加でした。午前中の短い時間でしたが、ペタンクのルールに関する理解度が深まったと思います。講習会終了後、10月に開催されるねんりんピック愛媛大会と11月に沖縄県糸満市で開催される日本ペタンク選手権大会の熊本県代表として参加する和水町の2チームに対して熊日日新聞社から取材がありました。



競技規則講習会の模様

 

講習会補助テキスト

熊本日日新聞社の取材風景

 

★第34回熊本県ペタンク選手権大会要項を「大会案内」に掲載しました。                         (8月24日)

9月17日(日)に和水町多目的広場で開催します。申込締め切りは9月7日(木)必着となっています。

 

★第32回春季ペタンク交流大会を開催しました。(8月20日)

 8月20日に南阿蘇村旧中松小学校グラウンドで、県外から9チーム参加していただいて開催しました。猛暑の影響で体調不良のため選手が揃わなくなったチームが3チームありました。大会会場は平地より気温が2度ほど低くて冷たい風が吹いて日陰にいると過ごしやすかったのですが、次第に湿度が高くなってかなり厳しい気象条件となりました。決勝トーナメントには9チーム参加があった県外チームのうち6チームが進みレベルの高さを証明しました。決勝戦は、第38回日本ペタンク選手権大会男子代表のHEROESと日本選手権大会女子代表を惜しくも逃した和仁Cとの戦いとなりました。試合は、HEROESが調子よく6メーヌ終了時点で11-0と大きくリードし、和仁Cの反撃を4点に抑えて13-4で勝利しました。      3位グループ交流戦、4位グループ交流戦は、暑さのため参加辞退するチームが出ましたが、3位グループ交流戦は南阿蘇勢が、4位グループ交流戦は島原勢が1位、2位を独占しました。

 



優勝したHEROES(日本選手権大会男子代表チームです。)

準優勝の和仁C

3位のクラブなごみA

3位のビアン竹田

5位のふれあい

5位のクラブなごみC(ねんりんピック代表チームです。)

5位の和仁B

5位の佐賀勧興B

3位グループ交流戦優勝の南阿蘇C

3位グループ交流戦準優勝の南阿蘇A

4位グループ交流戦優勝の島原森岳

4位グループ交流戦準優勝の島原球心B

 

 

★第34回岡の里親善ペタンク大会要項を「大会案内」に掲示しました。                       (8月11日)

 9月3日(日)、大分県竹田市「竹田市総合運動公園竹田丸福多目的広場」で開催されます。申込締め切りは、8月28日必着となっています。


★第38回日本ペタンク選手権大会熊本県予選会を開催しました。                           (7月23日)

7月23日(日)、和水町多目的広場に9チーム、女子5チームが参加しました。当日は、曇り空でしたが蒸し暑い過ごしにくい天候でした。男子決勝戦はHEROES対南阿蘇Aの対戦となり、第6メーヌまでは1点を争う接戦でしたが続く第7メーヌに3点を獲得したHEROESが11-8で勝利しました。女子は、5チームによる決勝リーグ戦を行い南阿蘇と和仁が3勝1敗で並びましたが、直接対戦で和仁に11-10で勝利していた南阿蘇が優勝しました。男子のHEROESは9年ぶりの出場、女子の南阿蘇は初出場となりました。

 

男子優勝のHEROES

男子準優勝の南阿蘇A

男子3位の和仁

女子優勝の南阿蘇

女子準優勝の和仁

女子3位の青空

 

 

 

★第32回春季ペタンク交流大会要項とペタンク競技規則講習会要項を「大会案内」に掲載しました。(7月12日)

 

★第38回日本ペタンク選手権大会熊本県予選会と第23回西日本ペタンク選手権大会の要項を「大会案内」に掲載しました。(6月20日)

 

★第3回熊本県ポワンテ・ティール大会を開催しました。(6月11日)

 雨の心配がいらない屋内の会場で開催しました。会場は、10コート取れるくらいの広さですが、ポワンテ・ティール大会には広すぎるくらいの大きさです。グラウンドは、ガチガチに硬いわけではないのですがボールがよく走って距離のコントロールが大変難しいようでした。ポワンテ競技は、地の利があったのでしょうかベスト8位に南阿蘇クラブの選手が5名勝ち上がりました。決勝トーナメントは、予選上位の選手が順当に勝ち進み、決勝戦は予選1位の内野さんと予選2位の池上さんの対戦となりましたが、予選の通過順位通り内野さんが見事栄冠に輝きました。予選の平均得点は16.1点でしたが、正面に障害球を置いた決勝トーナメントでは7.4点と半分以下に低下しました。                       ティール競技決勝トーナメントは、ポワンテ競技とは逆に決勝トーナメント1回戦では予選通過順位の低い選手が全員勝利しました。決勝戦は、予選1位通過の竹下さんと8位通過山田さんの対戦となりましたが、スコアにバラツキがなかった竹下さんが栄冠を手にしました。ティール競技で30点台がコンスタントに出るようになれば、ペタンクの試合も変わってくるのではないかと思います。

ポワンテ競技予選の様子

ポワンテ競技決勝トーナメント。障害球で得点が大幅に低下しました。

ポワンテ競技優勝の内野さん。

ポワンテ競技準優勝の池上さん。

ポワンテ競技3位の松岡さん。

ポワンテ競技4位の髙宮さん。

ポワンテ競技5位の髙宮さん、岩本さん、荒牧さん、松田さん。

ティール競技予選の模様

ティール競技決勝トーナメントの模様

ティール競技優勝の竹下さん

ティール競技準優勝の山田さん

ティール競技3位の神原さん。左手に持っているのは預かっている4位松田さんの賞品です。

ティール競技4位の松田さん

5位の4名の方、写真を撮るのを忘れました。ゴメンナサイ!

勝利の美酒。ですが、ビールの味は同じだったそうです。

 

 

★第27回JPBFカップ九州ペタンク選手権大会が開催されました。                          (5月28日)

 新型コロナウイルス感染症の影響で開催中止が続いていた大会が久しぶりに長崎県諫早市で開催されました。大会当日は、気温も30度を超え、無風状態でとても蒸し暑いコンディションで熱中症の心配をしましたが無事終了することができました。予選1位、2位の決勝トーナメントも予選3位、4位グループの交流トーナメントも開催県の島原市のチームが栄冠を手にしました。決勝トーナメントの決勝戦は、島原森岳チームが序盤6-0と大きくリードしましたが、クラブなごみAチームのティールが決まり6-10と逆転しこのまま押し切るのではと思われましたが、途端にティールが当たらなくなり10-10から3ポイント取られて10-13で惜敗しました。4月の早春大会に続きまた島原勢にやられてしまいました。

熊本県勢の奮闘ぶり。

いつも元気な沖縄のペタンカー。笑顔がとても素敵です。3位入賞でした。

惜しくも準優勝のクラブなごみAチーム

交流トーナメント3位のHEROES

 

 

★第24回大分県ペタンク選手権大会要項を「大会案内」に掲載しました。                          (5月25日) 

 7月1日(土)、大分県別府市「野口原総合運動公園 ソフトボール場」で開催されます。申し込み締め切りは、6月19日(月)必着となっています。

 

★第35回熊本県シルバースポーツ交流大会が開催されました。                               (5月11日)

 5月10日(水)、熊本県民総合運動公園に15チームが集まり開催されました。5月の連休後半の雨が嘘のような夏日で、グラウンドの砂が白く反射し眩しくて、まるでビーチにいるような雰囲気でした。試合は、2週間ほど前の大会で絶不調だった南阿蘇勢が実力を取り戻して、全チーム決勝トーナメントに進出しました。予想では、メンバーを固めてきたクラブなごみAと和仁Aが優勢かと思いましたが、くじ引きで決勝トーナメント1回戦で当たり潰し合いとなりました。勝利した和仁Aでしたが、決勝戦でダークホースのクラブなごみBに敵討ちされました。優勝したクラブなごみBの嘉納松生さん、草野清隆さん、牛島麗子さんが10月に愛媛県で開催されるねんりんピックの出場権を獲得しました。

優勝したクラブなごみBチーム。

 

 

★第3回熊本県ポワンテ・ティール大会要項を「大会案内」に掲載しました。                           (5月9日)

 6月11日(日)に南阿蘇村の屋内多目的施設「すぱーく白水」で開催さいます。梅雨時ですが雨の心配なくプレーできます。テニス競技で使用していたので、グランドはかなり硬いということです。

★第1回沖縄県夏季交流ペタンク大会要項を「大会案内」に掲載しました。                           (5月9日)

 6月17日(土)に那覇市奥武山公園で開催されます。6月で夏季大会ですから沖縄は暑いんでしょうね。

 

★第22回早春ペタンク大会が開催されました。(4月23日)

 3月に開催予定だった大会を開催いたしました。決勝トーナメントの常連だった佐賀勧興、南阿蘇のチームが予選リーグで3位以下に沈んでしまいました。一方、予選リーグ2位通過だった中十町Bと砂原なかよし元気クラブSは予想覆す快進撃で強豪チームを次々と撃破し、中十町Bが準優勝、砂原なかよし元気クラブSが3位となりました。決勝トーナメントベスト8常連の佐賀勧興チームは、3位グループ、4位グループ交流トーナメントでようやく本調子に戻り3位グループと4位グループで共に優勝しました。      決勝戦では、島原三会が安定した戦いで13-3で中十町Bを下し、優勝カップが初めて有明海を渡りました。今大会では、今までと違った優勝カップを用意しました。350mlの缶ビールが丸ごと入る大きさですので、このカップで飲む勝利の酒はさぞかしおいしかったと思います。

予選リーグの模様。夏みたいな暑さでした。

島原三会と中十町Bの決勝戦

今回初めて採用したカップ。ステンレス製サーモで390ml入ります。

優勝した島原三会。今日は、予選から決勝戦まで負けなしの7連勝でした。

準優勝の中十町B。予選リーグでは優勝した島原三会と10-11の大接戦でした。

3位の砂原なかよし元気クラブS。過去最高成績です。

3位のHEROES。この色のカップを狙っていたとか?

5位のクラブなごみB。準々決勝戦で準優勝の中十町Bに敗れました。

5位の和仁B。予選リーグは圧勝でしたが。

5位の下立願寺A。準々決勝戦で優勝した島原三会に敗れました。

5位の博多寿。素敵な笑顔です。

3位グループ交流トーナメント優勝の佐賀勧興A.予選は得失点差に泣きました。

3位グループ交流トーナメント準優勝の下立願寺B。予選リーグで準優勝の中十町Bには勝利しました。

4位グループ交流戦優勝の佐賀勧興B。本日の成績は3勝3敗でした。

4位グループ交流戦準優勝の青空B。予選リーグ得失点差に泣きました。

 

 

★かごしま国体デモスポペタンク大会が開催されました。(4月16日)

 鹿児島県姶良市で特別国体かごしま国体の先陣を切るイベントとしてペタンク大会が開催され、熊本県から5チームが招待されました。5チーム中4チームが8チームによる決勝トーナメントに進出しました。決勝戦は、予選から準決勝戦まで5試合で6失点と危なげなく勝ち上がったクラブなごみと決勝トーナメントで接戦の連続だったHEROESの和水町同士の対戦となりました。第4メーヌまでに7-1と大きくリードしたHEROESが栄冠を得るかと思われましたが、クラブなごみが第5メーヌ、第6メーヌで計7点を獲得し、8-8の同点のまま最終メーヌに突入しました。最後は、クラブなごみが2点を獲得して10-8で勝利しました。閉会式の講評で、熊本県のハイレベルな試合を見ることができ鹿児島県のペタンカーの参考になったととの言葉をいただきました。昼休みの時間帯を利用しれシューティング大会が開催されました。実際の競技はポワンテでしたが、熊本県勢は、4位、5位、8位に入賞しました


 

                 開会式の模様

 

             予選の熊本県勢

予選成績 各組1位6チームと予選2位の中で成績上位2チームが決勝トーナメント進出。

クラブなごみとHEROESの決勝戦

 

 

優勝したクラブなごみ 立派な賞状でした。

準優勝のHEROES

シューティング(?)大会の模様

シューティング大会4位の渡辺さん

シューティング大会5位の國武さん

シューティング大会8位の竹下さん

閉会式までたくさんの参加者が残っていました。

 

 

★第27回JPBFカップ九州ブロックペタンク大会の振込先の訂正                             (4月11日)

 長崎県ペタンク協会から、大会要項に記載している郵便振替の口座番号に誤りがあったと連絡がありました。

    01720-0-63154で振り込んでください。

 

★第27回JPBFカップ九州ブロックペタンク大会要項を掲載しました。

 5月28日(日)、長崎県諫早市なごみの運動公園で開催されます。申し込み締め切りは、5月1日(月)必着となっています。


【2022年度】


★第2回熊本県ポワンテ・ティール大会を開催しました。(3月19日)

ポワンテ競技に32名、ティール競技に26名と第1回大会の約1.7倍の参加となりましたテランは前日の雨の影響で軟弱になっている個所もあり、ポワンテ競技では選手の頭を悩ませたようでした。15時ごろにはすべての競技が終了しました。令和5年度は、和水町、玉名市、南阿蘇村の3か所で実施する予定です。

ポワンテ競技決勝トーナメントの様子

ティール競技決勝トーナメントの様子

ポワンテ競技 優勝~4位の皆さん

ティール競技 優勝~4位の皆さん

 

 

★各種大要項を「大会案内」に掲載しました。(3月4日)

 ●第22回熊本県早春ペタンク大会(4月23日/熊本県和水町)

 ●第9回豊の国ペタンク交流大会(5月14日/福岡県上毛町)

 ●第28回ペタンクジャパンオープン(5月3日~5日/埼玉県熊谷市)※3月6日以降日本連盟の HPで参加費等を確認してください。 



★第11回熊本県ダブルスペタンク大会での忘れ物です!! 

 ボールとメジャーの忘れ物がありました。お心当たりの方は、090-9726-7823(園田)までご連絡ください。

2月19日のダブルスペタンク大会での忘れ物です。

 

 

★第11回熊本県ダブルスペタンク大会を開催しました。(2月19日)

 大会当日前夜から、低気圧の通過で天気予報が目まぐるしく変化し悩まされましたが、午後からは小雨も上がり大会を無事終えることが出来ました。コロナ前は100チーム程のエントリーがあった大きな大会でしたが、65チームの参加に留まりました。しかしながら、県外からは日本選手権大会の優勝者やアジアペタンク選手権大会の日本代表選手の方々が参加していただき、かなりレベルの高い大会となりました。優勝は、準決勝で神奈川県のチームとの激闘を制した島根県のメビウスでした。この大会3回目の栄冠を手にしました。

まだ小雨が残る中での開会式。寒かったです。

手作りのストーブが重宝しました。

メビウス(島根県)対クラブなごみA(熊本県)の決勝戦

3度目の優勝のメビウス(島根県)

準優勝のクラブなごみA(熊本県)

3位のベルエキップ(神奈川県)

3位のトレビアン竹田(大分県)

5位の倉敷藤花(岡山県)

5位の和仁B(熊本県)

5位のクラブなごみB(熊本県)

5位の南阿蘇B

予選リーグ3位グループ交流戦優勝の島原球心B(長崎県)

予選リーグ3位グループ交流戦準優勝の島原球心A(長崎県)

予選リーグ4位グループ交流戦優勝の南阿蘇E(熊本県)

予選リーグ4位グループ交流戦準優勝のチーム友好(熊本県・岡山県)

 

 

 

★第2回熊本県ポワンテ・ティール大会要項を「大会案内」に掲載しました。(2月16日)

  新型コロナウイルス感染症のため昨年開催できなかったポワンテ・ティール大会を3月19日(日)に阿蘇郡南阿蘇村中松小学校で開催します。 

 

★大分県ダブルス大会要項が日本ペタンク・ブール連盟HPに掲載されました。(1月23日)

 2月19日開催の第11回熊本県ダブルスペタンク大会の前日に竹田市で開催されます。「大会案内」に掲載しました。

 

★第23回国体メモリアルペタンク大会を開催しました。(11月20日)

県内外から37チームが参加し、好天のもと開催されました。大会は、非常に順調に試合が進み午後4時過ぎに終了しました。決勝戦は、クラブなごみAとブラボー竹田の対戦となりましたが、ミスなく試合を展開したブラボー竹田が13-0とファニーで圧勝しました。この大会は、竹田勢がいい成績を残す傾向があるようです。

試合風景

優勝したブラボー竹田

準優勝のクラブなごみA

3位の博多寿

3位のクラブなごみB

5位の佐賀勧興A

5位の島原球心C

5位の南阿蘇A(あと2人は、どこかにいます。)

5位の青空

予選3位交流戦優勝の和仁A

予選3位交流戦準優勝の諏訪A

予選4位交流戦優勝の和仁B

予選4位交流戦準優勝の神埼

 

★第13回沖縄県ペタンク選手権大会要項を「大会案内」に掲載しました。(11月16日)

 令和5年2月11日(土)に沖縄県糸満市「真栄里屋外運動場」で開催されます。前日の10日(金)に那覇市のパシフィックホテル那覇で18時から恒例の親睦交流会も開催されます。

 

★フェアプレイ宣言をしませんか。(11月7日)

 ペタンク競技は他の競技と違って審判員がいなくても競技をすることが出来ます。競技する全員が競技規則に精通していればトラブルは発生しにくいのですが、現実はルールの解釈やマナー違反でトラブルが時々発生しています。日本スポーツ協会のホームページでフェアプレイ宣言をすることができます。皆さんもペタンクを楽しくできるよう宣言してみませんか?

 

 

★第10回九州ブロックベテランペタンク大会が開催されました。                               (11月6日)

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止が続いていた九州ブロックベテランペタンク大会が、長崎県諫早市「なごみの里運動公園」で開催されました。参加チームは、福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県の20チームと例年になく少ないチーム数となりました。コロナの影響でしょうか?熊本県勢は、6チーム中5チームが決勝トーナメントに進出し、決勝戦は和仁AチームとクラブなごみAチームの対戦となりました。試合序盤、和仁Aチームにアクシデントが発生し試合が中断しましたが、追いつ追われつの大接戦から抜け出した和仁Aチームが13-9で勝利しました。決勝戦は、長崎県の選手の方が多く残って応援してくれました。


優勝した和仁A

準優勝のクラブなごみA

 

 

★第11回「ねんりんピック2011熊本」メモリアルペタンク大会が開催されました。(10月30日)

 福岡県、佐賀県、大分県から12チームの参加があり、全部で40チームが集まって、2年ぶりに大会が開催されました。決勝戦は、常連のクラブなごみAチームとカドラージュから勝ち上がった佐賀勧興Bチームの対戦となりましたが、ホームグラウンドの地の利があったのでしょうか、クラブなごみAチームが13-2と圧勝しました。

ご来賓の石原佳幸和水町長からご挨拶をいただきました。

開会式の模様

試合風景

決勝戦

優勝のクラブなごみA

準優勝の佐賀勧興B(ねんりんピック佐賀県代表チーム)

3位のクラブなごみC

3位の熊本一新

5位の青空A

5位の南阿蘇C

5位の博多寿

5位の佐賀勧興A

予選3位グループ交流戦優勝のHEROES

予選3位グループ交流戦準優勝のふれあいA

予選4位グループ交流戦優勝の上毛町C

予選4位グループ交流戦準優勝の諏訪B

 

 

★本多喜代壽追悼ペタンク大会でクラブなごみBが優勝しました。

                         (10月23日)

 今から27年前に長崎県島原市ペタンク協会を立ち上げれた亡き本多喜代壽氏を追悼するペタンク大会が長崎県島原市の島原復興アリーナに53チームが集まり開催されました。県外からの参加は、熊本県の8チームだけでした。予選リーグ1位チームのみの決勝トーナメントでしたが、熊本県勢は6チームが勝ち上がり、クラブなごみB(竹下精一/青木幸則/渡辺リツ子)が長崎県協会会長の松田清氏率いる強豪の喜々津Aチームに13-9で勝利し見事優勝を飾りました。その他のチームの成績は、クラブなごみA,クラブなごみC,青空の3チームが5位に入賞しました。

 

たくさんのご来賓の皆様

予選リーグ

決勝戦

火砕流による犠牲者の慰霊碑

帰りのフェリーから

 

★第37回日本ペタンク選手権大会が開催されました。

                     (10月15日~16日)

 富山県富山市「五福スポーツ広場」で開催されました。2~3日前の天気予報では16日が雨となっていましたが、幸いなことに16日まで晴天が続きました。九州からは、長崎県、大分県、熊本県から男女1チームずつ、次期開催の沖縄県から男女3チームずつが参加して熱戦を繰り広げました。熊本県勢は、女子が予選第一試合で3メーヌで11点(4点+4点+3点)得点して11-3と幸先の良いスタートを切りましたが、その次に女子トリプルスで3位に入賞した和歌山県Bチームに敗れて調子が狂い残念ながら1勝2敗で予選敗退となりました。男子は、第一試合で千葉県Aチームと対戦し、7-8と大接戦を展開していましたが、その後連続して得点され惜しくも7-11で敗れました。準優勝した大阪府Bが同じブロックにいたからでしょうか0勝3敗で予選敗退となりました。しかしながら、4チームによるコンプレマンテールでは見事3勝0敗で賞品をゲットしました。女子は、コンプレマンテール2勝1敗で惜しくもブロック2位でした。その他の九州勢は、男子で長崎県、女子で大分県と沖縄県Cが決勝トーナメントに進出しましたが1回戦で敗退しました。来年の第38回大会は、11月18日~19日に沖縄県糸満市で開催されます。

男女予選リーグの模様

閉会式での沖縄県からの挨拶風景

 

 

★第23回国体メモリアルペタンク大会の要項を「大会案内」に掲載しました。(10月12日)

 11月20日(日)和水町「多目的広場」で開催します。



★第10回九州ブロックベテランペタンク大会の要項を「大会案内」に掲載しました。(9月29日)

 11月6日(日)長崎県諫早市「なごみの里運動公園」で開催されます。参加資格は、令和4年11月6日現在65歳以上の方です。

 

★第19回長崎県ペタンク大会の要項を「大会案内」に掲載しました。                          (9月19日)

 10月29日(土)~30日(日)に長崎県壱岐市で開催されます。第11回「ねんりんピック2011熊本」メモリアルペタンク大会と重なっていますが、ご案内いたします。

 

★第11回「ねんりんピック2011熊本」メモリアルペタンク大会を開催します。(9月9日)


 新型コロナウイルス感染症の影響で2年間開催できなかった「ねんりんピック2011熊本」メモリアル大会を10月30日(日)に開催します。本大会は、10月23日で予定していましたが、島原市の追悼大会と重なったため1週間延期しました。大会要項は、「大会案内」をご覧ください。

 10月から12月の主なペタンク大会予定は、下記の通りです。

  10月15日(土)~16日(日) 第37回日本ペタンク選手権大会(富山市)

  10月23日(日)        本多喜代壽追悼大会(島原市)

  10月30日(日)       第11回「ねんりんピック2011熊本」メモリアル                    ペタンク大会(和水町)

  10月30日(日)        長崎県ペタンク大会(壱岐市)

  11月 5日(土)        大分県交流大会(大分市)

  11月 6日(日)        第10回九州ブロックベテランペタンク大会(諫早市)

  11月12日(土)~13日(日) ねんりんピック神奈川2022(大井町)

  11月13日(日)        第14回ねんりんあいらペタンク大会(姶良市)

  11月20日(日)        第23回国体メモリアルペタンク大会(和水町)

  12月10日(土)        大分県シングルス大会(竹田市)

 

★「ペタンクの歴史」翻訳出版クラウドファンディングが始まりました。                            (9月1日)

 本日から11月30日まで、FIPJP会長のクロード・アゼマ氏原作で1996年にフランスで発行された漫画で学ぶペタンクの文化と魅力「PASSION...PETANQUE(ペタンクの歴史)」を日本語に翻訳して出版するクラウドファンディングがスタートしましたのでお知らせいたします。11月30日までに目標額180万円を達成できれば、2023年夏以降に本が出版されます。

 

★熊本県ペタンク選手権大会を中止します。(8月8日)

 暑中お見舞い申し上げます。

 新型コロナの感染状況が高止まりしているため、9月11日に開催を予定していました第33回熊本県ペタンク選手権大会を中止といたします。

 【その他中止決定の大会】

   9月4日 第31回岡の里親善ペタンク大会(大分県竹田市)

  10月2日 第26回JPBFカップ九州ブロックペタンク大会(鹿児島県姶良市)

 

 

★第37回日本ペタンク選手権大会熊本県予選を開催しました。                               (7月24日)

 コロナ感染症の影響でしょうか、昨年より大幅に参加チーム数が減りました。男女とも6チームでしたので、決勝トーナメント方式を止めて総当たりのリーグ戦形式で順位を決定しました。予定では15時頃終了となっていましたが、あまりにも順調に進み過ぎてお昼で終了しました。

 

男子の部優勝で出場権を獲得したふれあいチーム

男子の部準優勝のクラブなごみチーム

男子の部3位のHEROESチーム

女子の部優勝で出場権を獲得したクラブなごみチーム

女子の部準優勝のスマイルチーム

女子の部3位の和仁Bチーム

 

 

★ねんりんピック愛顔のえひめ2023ペタンク競技リハーサル大会の案内がありました。                   (7月22日)

 11月6日(日)に愛媛県で開催されます。ねんりんピック本大会と違って年齢制限や男女比率などの制限はありませんので、どなたでも参加できます。

 

 

 

★大分県ペタンク選手権大会で熊本県のチームが優勝しました。                                (7月2日)

 7月2日、大分県別府市で開催された第23回大分県ペタンク選手権大会(24チーム参加)で、クラブなごみCチームが見事優勝しました。熊本県からは、クラブなごみA、クラブなごみB,クラブなごみCの3チームが参加し、予選リーグでは3チームとも竹田チームに敗れて2勝1敗の成績で決勝トーナメントに進みました。決勝トーナメントではくじ運悪く1回戦でクラブなごみBとCが同士討ち、クラブなごみAも同じ山に入り準決勝戦でクラブなごみCと同士討ちとなりました。準決勝戦でクラブなごみAを11-0で破ったクラブなごみCが決勝戦も制して優勝しました。クラブなごみAは3位に入賞しました。暑い中お疲れさまでした。

見事優勝したクラブなごみC

 

 

★第31回熊本県春季ペタンク交流大会を開催しました。(6月26日)

 コロナで2年間中止していた大会を開催することが出来ました。大会2週間前の天気予報では雨だったのですが、大会が近づくにつれて雨の予報から曇りの予報に変わり天気の心配はしなくていいと思っていましたが、大会当日の朝5時前から土砂降りになって不安な気持ちのまま現地に赴きました。現地に到着した時には雨は上がっていましたが、グラウンドはぬかるんでいました。午前中の予選ラウンドではボールが転がらずに苦心の投球が続いていたようですが、午後からの決勝ラウンドになると空も晴れてグラウンドも乾いてきて午前中とは違ったグラウンドコンディションに選手は悪戦苦闘していたようです。予選リーグ1位2位のチームによる決勝戦では、予選リーグを全勝で勝ち上がり、決勝トーナメントでも絶妙なポワンテで強敵を次々と撃破してきた下津田チームと安定した力を発揮した和仁Aチームによる決勝戦となりました。第6メーヌまでは、お互いに譲らず和仁Aチームが5対4と1点リードの展開でしたが、今まで好調だった下津田チームのポワンテが狂いだし、9対6のスコアから和仁Aチームが一気に4点を挙げて13対6で勝利しました。

予選ラウンドの風景

雨でぬかるんだグラウンド

決勝トーナメントではグラウンドが乾いてきました。

3年ぶりの本部テント

優勝の和仁Aチーム

準優勝の下津田チーム

3位のスマイルチーム

3位のクラブなごみAチーム

5位のクラブなごみCチーム

5位のHEROESチーム

5位の南阿蘇Aチーム

5位の南阿蘇Bチーム

予選リーグ3位交流戦優勝の南阿蘇Dチーム

予選リーグ3位交流戦準優勝の青空チーム

予選リーグ4位交流戦優勝の諏訪Aチーム

予選リーグ4位交流戦準優勝の南阿蘇Cチーム

 


★第37回日本ペタンク選手権大会熊本県予選の大会要項を「大会案内」に掲載しました。(6月16日)

 7月24日(日)に、10月15日~16日富山県富山市「五福公園五福スポーツ広場」で開催される第37回日本ペタンク選手権大会の熊本県予選を開催します。参加条件は、日本ペタンク・ブール連盟会員となりますので、令和4年度の会員登録がお済でない場合は、参加申込と同時に会員登録を行ってください。

 

★ペタンク競技規則講習会を開催します。(6月16日)

 参議院選挙の投票日と重なりましたが、7月10日、和水町三加和公民館で開催します。詳しい内容は、「大会案内」をご覧ください。

 

★第23回大分県ペタンク選手権大会要項を「大会案内」に掲載しました。                           (6月16日)

 7月2日に、大分県別府市で開催されます。申込締め切りは、6月27日となっています。

 

★第34回熊本県シルバースポーツ交流(熊本ねんりんピック2022)大会が開催されました。(5月18日)

 熊本県民総合運動公園A多目的広場に、ねんりんピックかながわ2022参加を目指す精鋭16チームが終結し熱い戦いを展開しました。決勝戦は、予選A組2位通過のみなとペタンククラブBチームと予選B組2位通過の和仁Aチームの対戦となりました。第2メーヌから第6メーヌまで連続得点した和仁Aチームが9対2と大きくリードを広げワンサイドゲームになるかと思われましたが、みなとペタンククラブBが第7メーヌから第10メーヌまで連続得点し9対9と追いつき13点先取しそうな勢いでしたが、全国大会出場経験豊富な和仁Aチームが流れを取戻し13対10で勝利しました。暑い中お疲れ様でした。

優勝の和仁Aチーム

準優勝のみなとペタンククラブBチーム

3位のスマイルチーム

3位の和仁Cチーム

 

★ジャパンオープン(ダブルス)の大会要項を「大会案内」に掲載しました。                          (5月5日)

 6月11日(土)~12日(日)に千葉県成田市で開催されます。エントリー締切は5月27日(金)必着で先着150チームとなっています。5月3日~4日兵庫県宝塚市で開催されたジャパンオープン(トリプルス)は、72チームのエントリーでしたが九州からの参加チームはゼロでした。


★くまもと花とみどりの博覧会でペタンクコーナーが開設されました。                             (4月20日)

 4月20日からランスのエクス・アン プロヴァンス市を紹介する海外WEEKが始まり、ペタンクの体験コーナーが作られています。初日の20日は、日焼けするような天気で来場者も多く、たくさんの方がペタンクを体験されました。九州ブロック内からは、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県所属の会員の方も来場され、ミニゲームなどを楽しみました。21日は、朝から雨で何もできませんでした。

4月21日の熊本日日新聞に掲載されました。

 

 

★九州ブロックペタンク大会が延期になりました。(4月15日)

 5月22日(日)に鹿児島県姶良市で開催予定の第26回JPBFカップ九州ブロックペタンク大会は、鹿児島県の新型コロナウイルス感染症が治まらないため10月2日(日)に延期になりました。

 

 

★くまもと花とみどりの博覧会の会場を見てきました。(4月10日)

 4月20日からペタンクの紹介コーナーを設ける場所を視察してきました。人工芝といっても丈の短かかったので、このままでも出来るかなと思ったのですが、フランス人気質が人工芝はNO!っていうことでしょう。直ぐ近くに花畑公園(地図のフォトスポット)があり、公園内の通路は砂地でしたのでここなら出来るけどと思いましたが・・・今日は、日曜日でしたがそこまで人は多くないなと感じました。帰りに蜂楽饅頭を買いに行きましたが、14~5人の行列ができていました。こんな光景は初めてでお店の人にNHK朝ドラの影響ですかと聞きましたが、違いますと言われました。朝ドラの回転焼きに影響を受けるような蜂楽饅頭じゃないということだったのかな?プライドを傷つけたみたい。

             ペタンクの紹介をする場所です。

 

★くまもと花とみどりの博覧会でペタンクの紹介があります。                                 (3月23日)

 4月20日(水)から24日(日)まで花畑広場一帯で、熊本市の交流都市であるフランス国のエクサンプロヴァンス市を紹介する海外WEEKが開催され、エクサンプロヴァンス市からの要望でペタンクの紹介コーナーが設置されます。このイベントにはOBUT社も加わっており、OBUT社から兵庫県の(有)クプレに協力要請があったようです。3月上旬に熊本市の担当部署から熊本県ペタンク連盟に電話があり、協力要請がありました。昨日は、(有)クプレのパスカル氏からも連絡が入りました。海外WEEK中の具体的なスケジュール等については、今後エクサンプロヴァンス市との打ち合わせで決定するそうですが、期間中に熊